男性と女性

調理師になるために学校で基礎的な知識を身に付けましょう

選び方のポイント

スイーツを持つ人

スイーツ屋さんに行くといろんな商品がおいてあり、とっても美味しそうですよね。中にはお菓子やスイーツが好きな方は自分で作るという方もいると思います。また、自分で作っているうちに、パティシエとして働いていきたいと思われる方も多いでしょう。パティシエになるためには専門学校や大学で学ぶこともできますし、自分が好きな洋菓子店やレストランやホテルにそのままパティシエとして就職するという形もとれます。また、もっとお菓子について深く知りたいという方は、スイーツのルーツであるところへ行ってみるのもいいでしょう。海外に行って本場をみることも学校では知らないことや技術を学ぶことができます。ですが、一から学んでいきたい方は様々な学校を比較することも大切です。パティシエになる際の学校選びのポイントは、カリキュラムがきちんと組まれていることが重要です。そして、現場にでて提供するわけですから、実習が多いことがポイントとなります。何でも実践することが重要になりますから、机に向かっているだけでは上手になりません。なので、実習の多いことは重要視するようにしましょう。また、卒業した先輩たちがどのような場所へ就職したかもポイントになります。活躍している先輩たちの働き口にどういった場所があるかは参考になります。また就職率の低い学校はあまりおすすめできません。そしてコンテストへ積極的に参加している学校ですと、モチベーションにも繋がりますし学生のうちから受賞歴のあるならレベルの高い学校が期待できますね。それに加えて、講師が素晴らしい指導者ですと安心です。